岩国市図書館

新太郎4月号

最近図書館に入ったよりすぐりの本を紹介いたします。
本の所在などは、カウンターにお問い合わせ下さい。

 

各分野から

『わたしの、本のある日々』

(小林 聡美/著   毎日新聞出版)   019.9-コハ

読書家でなくとも本は読む-。猫と遊んで、ごはんをつくり、今日もゆるゆるページをひらく。人気女優・小林聡美が、「本のある愉しい暮らし」を軽やかに綴った読書エッセイ。『サンデー毎日』連載を単行本化。

『星野道夫~約束の川』

(星野 道夫/著   平凡社) 295.3-ホシ

突然、すぐ近くの海面からザトウクジラのしぶきが上がった。私は水の惑星にいた-。写真家、探検家、そして文筆家としても知られた星野道夫の、自然への畏敬あふれる名篇集。星野道夫をもっと知るためのブックガイドも掲載。

『お墓の建て方・祀り方、墓じまいまで』

  (主婦の友社/編   主婦の友社)   385.6-オハ

お墓を建てたい、故郷の代々のお墓を移したい、墓じまいしたい…。墓地・墓石・仏壇の種類・選び方から、建て方、納骨・改葬・承継・墓じまいまで、お墓のすべてをわかりやすく解説する。 

『そこに工場があるかぎり』

(小川 洋子/著   集英社) 509.2-オカ

国内唯一の競技用ボート、ベビーカー、大人の色鉛筆…。日本の繊細でユニークなものづくりの愛おしさと本質、携わる人々の思いを伝える珠玉の工場見学エッセイ。山口硝子製作所、桑野造船など全6社の訪問記を収録。

『樹木とリーフで小さな庭づくり~手間いらずで一年中美しい』

(安元 祥恵/監修  ナツメ社)   626.7-シユ

樹木とリーフを生かして素敵なツリーガーデンをつくりませんか? プランの立て方から、管理・実例まで、憧れの小さな庭づくりを豊富に紹介します。おすすめの庭木・リーフ154種のデータも掲載。      

『鳥獣戯画のヒミツ』

(宮川 禎一/著   淡交社) 721.2-ミヤ

生き生きとした筆づかいで愛嬌たっぷりに動物たちを描いた「鳥獣戯画」。「月の世界」「大唐西域記」「明恵上人」をキーワードに、動物たちの正体やストーリーの真意など、多くの謎を文学的に読み解き、絵巻のヒミツに迫る。

『難読漢字の奥義書』

(円満字 二郎/著   草思社)  811.2-エン

「白膠木」「特牛」「破落戸」「窈窕」 全部読めますか? さまざまな難読漢字を取り上げ、その背景に見え隠れする漢字のしくみやその移り変わり、先人たちが漢字を使いこなすために編み出した知恵などを紹介します。

療養・医療・健康・福祉など

『「繊細な人」が楽に生きられる本』

(本 将昻/監修   宝島社)  493.7-セン

深く考えすぎる、共感しすぎる…。繊細すぎて生きづらい理由は、HSPの気質によるものかも。HSPの特性、発達障害と混同しやすい子どものHSP、繊細なままで楽に生きるコツなどを解説する。HSP度チェックシート付き。

『こどものアレルギー基礎BOOK~心配になったら一番最初に読む本』

(今井 孝成/監修   日東書院本社)493.9-コト

こどものアレルギーにはどんな種類がある? 遺伝するの? こどもがかかりやすいアレルギーを中心に、基礎知識を幅広くわかりやすくまとめた本。体の部位別アレルギー症状もしっかり解説する。 

『免疫力を高めてウイルスを遠ざける7秒うがい~歯科医が考案した新習慣!』

(照山 裕子/著  きずな出版) 497.9-テル

感染症リスクを下げる、虫歯や歯周病を予防する、睡眠時無呼吸症候群になりにくくなる! 全身の健康を守る「7秒うがい」のやり方を伝授する。デンタルフロスの使い方も紹介。

小説・エッセイ他

『百妖怪少年の日々~アラマタ自伝』

(荒俣 宏/著   KADOKAWA)910.2-アラ                                                  

知の巨人・荒俣宏はいかにして形作られたか。海や虫やお化けと戯れた少年時代、幻想・怪奇文学に出会った学生時代、「世界大博物図鑑」を完成させた社会人時代…。人生の軌跡を網羅した自伝。『怪』『怪と幽』連載を加筆修正。

『もろびとの空~三木城合戦記』

(天野 純希/著  集英社)  913.6-アマ

戦国末期、別所長治は信長に叛旗を翻す-。織田勢を率いる秀吉の猛攻と「干殺し」に耐え、暮らしを守ろうと刀を握った人々の、歴史に記されなかった生を描く。『小説すばる』掲載を改題、加筆・修正。

『アクティベイター』

(冲方 丁/著  集英社)  913.6-ウフ

羽田空港に突如、中国のステルス爆撃機が飛来した。女性パイロットは告げる。「積んでいるのは核兵器だ」と。これはテロか、宣戦布告か-。展開予測不能の国際サスペンス。『小説すばる』連載を加筆・修正。

『老婦人マリアンヌ鈴木の部屋』

 (荻野 アンナ/著  朝日新聞出版)913.6-オキ

青い部屋で老婦人はベッドに横たわるが、ときにフランス小話も語る。仲間に囲まれた老婦人は、シニア婚活パーティーで意外な若き日の過去に出会うが…。どこか陽気な連作短編集。『小説トリッパー』連載に加筆修正。

『母影』

(尾崎 世界観/著  新潮社)  913.6-オサ

小学校でも友だちをつくれず、居場所のない少女は、母親の勤めるマッサージ店の片隅で息を潜めている。お客さんを直しているお母さんは日に日に苦しそうになっていく…。第164回芥川賞候補作。『新潮』掲載を単行本化。

『天使と悪魔のシネマ』

(小野寺 史宜/著  ポプラ社)  913.6-オノ

結婚を控えた地下鉄の運転士、酔って駅のホームに立つDV男…。運命の現場にやってくるのは天使か、悪魔か? 容赦ない運命とぬくもりが同居する物語。『小説すばる』『asta*』掲載に書き下ろしを加え単行本化。

『ははのれんあい』

(窪 美澄/著 KADOKAWA) 913.6-クホ

シングルマザーになった「はは」と、代わりに双子の弟たちの「はは」役を務める僕。歪な家族があってもいい、どんな形でも家族は家族だから-。学芸通信社の配信により各紙にて掲載したものを加筆修正し単行本化。

『おれたちの歌をうたえ』

(呉 勝浩/著   文藝春秋)   913.6-コ

友が遺した五行の詩。連絡を待ちわびていた元刑事は、それが自分達への伝言だと気づく。40年前のあの日の真実を求めて、執念の捜査が始まった-。友情を諦めなかった男たちの、悔恨と希望の物語。

『ほたるいしマジカルランド』

(寺地 はるな/著  ポプラ社)  913.6-テラ

大阪の北部にある「ほたるいしマジカルランド」では、名物社長を筆頭にたくさんの人々が働いている。お客様に笑顔になってもらうため、日々奮闘する従業員。そんなある日、社長が入院したという知らせが入り…。お仕事小説。咲くやこの花賞(文芸その他部門)。

『ラスプーチンの庭』

(中山 七里/著   KADOKAWA)913.6-ナカ

警視庁捜査一課、犬養隼人の娘の友人・庄野祐樹は長い闘病生活を送っていた。自宅療養に切り替えた1カ月後に急死した祐樹には奇妙な痣があった。同時期に、同じ痣を持つ女性が自殺し…。『小説 野性時代』連載に加筆修正。

『アンブレイカブル』

(柳 広司/著  KADOKAWA)   913.6-ヤナ 

1925年、治安維持法成立。太平洋戦争の軍靴の響きが迫るなか、罪状捏造に走る官憲と信念を貫く男たちとの闘いが始まった-。小林多喜二、三木清…。法の贄となった、敗れざる者たちの矜持を描く。歴史スパイ・ミステリ。

『老いる意味~うつ、勇気、夢』

(森村 誠一/著 中央公論新社) 914.6-モリ

身体が老いても病を経験しても、心は老いてしまうわけではない。老いを恐れず、残された日々を自然体でいること-。老人性うつ病を克服した作家・森村誠一が、老後の生きかたの意味を提言する。

『老親友のナイショ文~往復書簡』

(瀬戸内 寂聴/著 横尾 忠則/著  朝日新聞出版)915.6-セト

数え100歳にしてペンを走らせる瀬戸内寂聴と、80代半ばにしてアートの海を泳ぐ横尾忠則。“老親友”である2人が、破天荒な人生の悲喜こもごもを伝えあう往復書簡。『週刊朝日』連載を単行本化。

『はじまりの24時間書店』 

(ロビン・スローン/著 島村 浩子/訳  東京創元社)  933.7-スロ

1969年、大学図書館員の青年ペナンブラがサンフランシスコを訪れた。数百年ものあいだ行方不明の貴重な書物を見つけ出す使命を帯びて。街中をさまよった末、彼は真夜中に一軒の小さな書店<24時間書店>に行き着き…。