岩国市図書館

新太郎 4月号

最近図書館に入ったよりすぐりの本を紹介いたします。
本の所在などは、カウンターにお問い合わせ下さい。

 

各分野から

『恋愛サバイバル 真面目女子篇』

(柴門 ふみ 著/文芸春秋)  152.1-サイ

マジメだからこそ不倫してしまう。働き者だからこそ出会いがない-。真面目女子たちの悩みを恋愛の教祖・柴門ふみがずばずば解決! 『Suits?~働く堅実女子のお悩み解決サイト』連載に描き下ろし4コマ漫画を加え書籍化。

『明治なりわいの魁~日本に産業革命をおこした男たち』

(植松 三十里 著/ウェッジ)  281.0-ウエ

鉄の産地で高炉を建設した大島高任、本物のウィスキーを日本にもたらした竹鶴政孝…。                 理想の日本をつくるべく未来を見据え、最善を尽くした14人の男たちの物語。貴重な写真も多数収録。        『Wedge』連載を書籍化。

『同一労働同一賃金の衝撃~「働き方改革」のカギを握る新ルール』

(山田 久 著/日本経済新聞出版社)  366.4-ヤマ

「同一労働同一賃金」というルールにかかわる諸問題を、歴史的な経緯や欧州諸国での実態を踏まえ、多角的な視点から解説する。「同一労働同一賃金ガイドライン案」についても説明し、日本企業が取り組むべき課題を示す。

『土曜の朝だけ!「きちんと」が続く週末家事』

(柳沢 小実 著/大和書房)  590-ヤナ

忙しいけれど、自分の暮らしももっと楽しく、素敵にしたい! そんな人に向け、週末の3時間で効率よく家事をする「週末家事」を提案。「最低限やりたいこと」から「お休みがとれたらやりたいこと」まで、レベル別に紹介する。

『潮干狩りの疑問77』

(原田 知篤 著/成山堂書店)  664.7-ハラ

潮干狩りに必要な道具は何ですか? 見ただけで美味しいアサリがわかりますか? 素早くアサリの砂を抜く方法がありますか? 77の疑問に「潮干狩り超人」がわかりやすく答えます。

『勝ちきる頭脳』

(井山 裕太 著/幻冬舎)  795.0-イヤ

常識外と言われようが、自分の最善を信じ抜く-。                                 囲碁界史上初・七冠同時制覇の最強囲碁棋士が、「勝負」という観点から、囲碁に関する考えやたどってきた足跡を語る。AIや国際戦にも言及する。

『何がちがう?どうちがう?似ている日本語』

(佐々木 瑞枝 著/東京堂出版)  814.5-ササ

「あがる」と「のぼる」、「返す」と「戻す」、「不在」と「留守」…。似ている日本語のビミョーなニュアンス、教えます! 日本人が意外と知らない似ていることばの使い分けを、日本語教育の第一人者である著者が解説します。

療養・医療・健康・福祉など

『大切な人が病気になったとき、何ができるか考えてみました』

(井上 由季子 著/筑摩書房) 493.7-イノ

老いて病んだ両親の心配やつらさに、どう寄り添えばいいのだろう。著者が7年の看病や介護の場で試した、家族だけができる小さな工夫を、病院が考える「やさしい対話の試み」とともに紹介します。

『ルポ希望の人びと~ここまできた認知症の当事者発信』

(生井 久美子 著/朝日新聞出版) 493.7-イク

認知症の本人同士が出会い、つながり、発信する。認知症の常識を変える「当事者の力」!                初の当事者団体誕生の軌跡と最先端の「いま」を伝える、渾身のルポ。『朝日新聞』掲載に書き下ろしを加えて書籍化。

『元気に赤ちゃんが育つ妊婦ごはん~妊娠中の食事と栄養をサポートする安産レシピ』

(長沢 池早子 監修・新谷 友里江 料理/成美堂出版) 498.59-ケン

快適なマタニティライフと安産のための、栄養と 料理のガイドブック。妊娠中におすすめのレシピを、メインおかず、ご飯・麵、野菜のサブおかず等に分けて紹介する。つわり・便秘などの悩み対応レシピ、産後のレシピも掲載。

小説・エッセイ他

『芥川賞の偏差値』

(小谷野 敦 著/二見書房) 910.2-コヤ

芥川賞の受賞作は面白くない。同じ作家でも、ほかに面白い小説はあるのに、芥川賞は面白くないのを選ぶ-。      奇妙な文学賞、芥川賞の第1回から156回まで、164作の受賞作品全てに偏差値をつける掟破りな文学批評。

『東京クルージング』

(伊集院 静 著/KADOKAWA) 913.6-イシ

ドキュメンタリー番組で出逢った青年に強く惹きつけられた作家の私。だが、彼には病魔が迫っており、さらに彼には決して忘れられない女性がいて…。                                             学芸通信社の配信により『信濃毎日新聞』等に掲載されたものを書籍化。

『物件探偵』 

(乾 くるみ 著/新潮社) 913.6-イヌ

利回り12%の老朽マンション、ひとりでに録画がスタートする怪現象アパート…。                    アヤシイ物件の謎、解けますか? 大家さんも間取りウォッチャーも大興奮の、本気で役立つリアル不動産ミステリ。      『小説新潮』掲載を単行本化。

『なかなか暮れない夏の夕暮れ』

(江國 香織 著/角川春樹事務所) 913.6-エク

本ばかり読んでいる稔、姉の雀、元恋人の渚、娘の波十、友だちの大竹と淳子…。                   切実で愛しい小さな冒険の日々と、頁をめくる官能を描く長篇小説。『ランティエ』連載に加筆・訂正して単行本化。

『姥捨て山繁盛記』

(太田 俊明 著/日本経済新聞出版社) 913.6-オオ

中断したダム建設計画の補償金で「シニアの郷」計画が進む山梨県北部の過疎の村。初期の認知症で早期退職した59歳の男が「郷」に移り住んだ。男が水没予定地を訪ねてみると、理想郷のような風景が広がっていて…。

『本を守ろうとする猫の話』

(夏川 草介 著/小学館) 913.6-ナツ

高校生の夏木林太郎は、祖父を突然亡くした。祖父が営んでいた古書店をたたみ、叔母に引き取られることになった林太郎の前に、人間の言葉を話すトラネコが現れ…。『STORY BOX』掲載に書き下ろしを加える。

『夢窓』

(服部 真澄 著/PHP研究所) 913.6-ハツ

武士の子でありながら9歳で出家し、南北朝の動乱の時代を生きた禅僧・夢窓疎石。足利尊氏や後醍醐天皇、さらには7代の天皇から師と仰がれた男の生涯を通して、謎多き時代を俯瞰する歴史小説。                        『文蔵』連載を加筆・修正。

『カウントダウン』

(真梨 幸子 著/宝島社) 913.6-マリ

末期癌が発覚した“お掃除コンシェルジュ”の亜希子、50歳独身。理想の死を迎えるべく終活に勤しむ。夫を略奪した妹との 確執や汚部屋の処分などの問題に直面し…。“終活”ミステリー。                            『大人のおしゃれ手帖』連載を書籍化。

『バラ色の未来』

(真山 仁 著/光文社) 913.6-マヤ

首相官邸にプラスチックのコインを投げつけていたホームレスは、総理のIR指南役と呼ばれた元名物町長だった。誘致失敗の裏に何があったのか、新聞社の結城洋子は徹底的に追及しようとするが…。『小説宝石』連載を加筆修正。

『ガーディアン』

(薬丸 岳 著/講談社) 913.6-ヤク

スマホやSNSが普及し、教師は生徒の悩みを把握しきれない。いじめ、不登校、夜間徘徊-荒れていた中学校は、匿名生徒による自警団「ガーディアン」によって落ち着いた。赴任したばかりの秋葉は単身、学校の謎に迫るが…。

『孤独論~逃げよ、生きよ』

(田中 慎弥 著/徳間書店) 914.6-タナ

相手の要望に応え続ける“罠”に陥ってはいないか。群れのなかで奴隷のような日々に耐え続けるより、四の五の言わず、まずは逃げてみろ-。孤高の芥川賞作家が、孤独であることの必要性を語る。

『皿洗いするの、どっち?~目指せ、家庭内男女平等!』 

(山内 マリコ 著/マガジンハウス) 914.6-ヤマ

男がいると家事は3倍、男手問題は同棲で解決せず! 結婚って、超ハッピー? それとも地獄? 男と女のラブ&バトルを30代女子の人気作家が痛快レポート。『アンアン』連載に書き下ろし「男のいいぶん」を加えて書籍化。

『海をわたる手紙~ノンフィクションの「身の内」』

(澤地 久枝・ドウス 昌代 著/岩波書店) 915.6-サワ

書き手として踏み出すまでのこと、取材と執筆を続けてきたなかでの悩み、苦しみ、そして幾つもの出会い…。       長年にわたり互いを支え合ってきたふたりのノンフィクション作家が交わした往復書簡。                  『世界』連載に加筆し単行本化。

『私たちが姉妹だったころ』

(カレン・ジョイ・ファウラー 著・矢倉 尚子 訳/白水社) 933.7-フア

私はモンキーガールと呼ばれていた-。5歳の時に姉が姿を消し、大好きな兄も高校生で失踪。              家族を失った心理学者の一家が、家族愛とは何なのかを問い、絆を取り戻そうとする、赦しの物語。