岩国市図書館

新太郎 5月号

最近図書館に入ったよりすぐりの本を紹介いたします。
本の所在などは、カウンターにお問い合わせ下さい。

 

各分野から

『「週刊文春」編集長の仕事術』

(新谷 学 著/ダイヤモンド社)  051.6-シン

予定調和はおもしろさの敵、ヒットを生み続けるチームの作り方、「売れない」時代のマーケティング…。   人脈・企画・交渉・組織・決断・戦略など、すごい結果を出す門外不出の奥義を、「週刊文春」 現役編集長が明かす。

『富野に訊け!! 悟りの青篇』

(富野 由悠季 著/徳間書店)  159-トミ

クラスの仲良しグループに入れません。どうすればいいですか? 富野監督が若者へ向き合い、様々な人生相談に  答える。『アニメージュ』連載コラムを加筆・再編集し、同誌掲載の片渕須直監督との対談も大幅増補して  収録。

『知られざる縄文ライフ~え?貝塚ってごみ捨て場じゃなかったんですか!?』

(譽田 亜紀子 著/誠文堂新光社)  210.2-コン

今までまったく知らなかった縄文人の暮らしを覗く本。縄文土器や土偶をはじめとする彼らの創造性、     厳しい環境を生き抜く創意工夫、そして自然と共生する心を、彼らが残したモノからたどる。

『シリアからの叫び』

(ジャニーン・ディ・ジョヴァンニ 著・古屋 美登里 訳/亜紀書房)  302.2-テイ

世界の紛争地帯を取材してきた著者は、2012年、シリアに入る。恐るべき拷問を受けた男性、レイプされた  女性、スナイパーのひそむ場所で子育てをする女性、そして兵士たち。シリア内戦の実情をつぶさに伝える、  緊迫のルポ。

『クロスステッチで楽しむきもの模様~和の色で刺す、伊勢型紙の美しい図案』

(遠藤 佐絵子 著/河出書房新社)  594.2-エン

小さな文様、植物、伝統的なモチーフを使った文様、動物…。実際に使われていた伊勢型紙の文様をもとに再現した、クロスステッチ用の図案を収録。和の色・和の文様をあしらった小物の作り方なども紹介する。見返しに型紙あり。

『とらねこ』

(岩合 光昭 著/クレヴィス)  645.7-イワ

風貌も生き方も親分のようなシチリア島の自由ネコ、ドメニコ。ニューオーリンズにあるバーの名物ネコ、    ミスター・ウー。リオデジャネイロの砂浜で仰向けスタイルで寛ぐシキンニョ…。世界各地のとらねこの姿を  収めた写真集。

『山登り語辞典~登山にまつわる言葉をイラストと豆知識でヤッホーと読み解く』

(鈴木 みき 著/誠文堂新光社)  786.1-スス

専門用語が多い山登りの世界。自然を表現した美しい言葉、ユーモアあふれる隠語…。                              イラストレーター・漫画家の鈴木みきが、登山にまつわる言葉をイラストを交えて楽しく解説。               山登りの基礎知識も紹介する。

療養・医療・健康・福祉など

『からだの中の化学』

(立屋敷 哲 著/丸善出版)  491.4-タチ

食べた物は、からだの中でどのように化学反応するのか。化学的基礎は、からだの仕組みや消化・吸収、代謝、栄養などとどうつながっているのか。からだの中で起こる現象と化学を結びつけて解説する。見返しに元素の 周期表あり。

『「薬のやめ方」事典~病気の起こり方、治し方』

(浜 六郎 著/三五館)  492-ハマ

栄養は最良の薬、十分な睡眠と休養、コレステロールを気にしない、糖尿病には糖質制限食…。          薬害研究の第一人者が、修復力・自然治癒力を引き出して、薬に頼らず、病気を予防し、早く回復する方法を やさしく教える。

『健康診断が楽しみになる!肝機能を自分でらくらく改善する本』

(泉 並木 監修/主婦の友社)  493.4-ケン

肝機能低下を放置しておくと、肝硬変や肝がんのリスクが増大する。肝臓の働きや、肝臓病がどんな病気かを  解説し、無理なく肝臓病対策ができるよう、肝臓をいたわるためのコツを紹介。最新の肝がん治療も取り上げる。

小説・エッセイ他

『I Love Youの訳し方』

(望月 竜馬 著/雷鳥社)  902.0-モチ

「I Love You」の一文を、あなたならどう表現しますか? ときに情熱的に、ときに感傷的に、ときに個性的に…。100人の作家による100通りの愛の表現を、小説や詩、手紙から選んで紹介します。

『老いてわかった!人生の恵み』

(沖藤 典子 著/海竜社)  910.2-オキ

父の喀血、母の寝たり起きたりの生活、母違いの知的障害の姉、夫との不仲、望まない上京、母と父の死…。 あの涙もあの怒りも、現在の平穏に至る大切な一歩だった。ノンフィクション作家、沖藤典子が半生を綴る。

『永久囚人~警視庁文書捜査官』 

(麻見 和史 著/KADOKAWA)  913.6-アサ

文字を偏愛する鳴海理沙班長が率いる捜査一課文書解読班。そこへ、ダイイングメッセージの調査依頼が舞い込んできた。ある稀覯本に事件の発端があるとわかり、作者を追っていくと、さらなる謎が待ち受けていた…。

『稽古とプラリネ』

(伊藤 朱里 著/筑摩書房)  913.6-イト

女性のお稽古事を取材するフリーライター南景以子、29歳。交際10年の彼氏と別れたばかりの彼女に、親友の 突然の転機がもたらされ…。モヤモヤを抱える全ての女性に贈る、読んだ後、半歩踏み出せるようになる物語。

『クロカネの道~鉄道の父・井上勝』

(江上 剛 著/PHP研究所)  913.6-エカ

「長州ファイブ」の一人として伊藤博文らと海を渡り、日本に鉄道を敷くべく、ひたむきに生きた男・井上勝。その生涯を描いた長編小説。『WEB文蔵』連載に加筆し単行本化。

『嫁をやめる日』

(垣谷 美雨 著/中央公論新社)  913.6-カキ

ある晩、夫が市内のホテルで急死した。「出張に行く」という言葉は?だった-。夫の隠された顔を調べはじめた夏葉子。一方、義父母や親戚等からの同情は、やがて“監視”へと変わり…。義父母、婚家からの「卒業」を描く。

『やめるときも、すこやかなるときも』

(窪 美澄 著/集英社)  913.6-クホ

忘れられるわけなんかない。僕が生まれて初めて結婚しようと思った相手のこと-。大切な人の死を忘れられない男と恋の仕方を知らない女の、切なく不器用な恋の物語。『小説すばる』連載に加筆・修正し単行本化。

『血~Blood』

(新堂 冬樹 著/中央公論新社)  913.6-シン

15歳の女子高生・沙耶の両親が刃物で惨殺された。沙耶が身を寄せた親戚も次々と死亡する。不可解な死の連鎖の中心に身を置く沙耶は<悲劇の天使>か、<美しき死神>か、それとも…。『Web小説中公』連載を単行本化。

『か「」く「」し「」ご「」と「』

(住野 よる 著/新潮社) 913.6-スミ

みんなには隠している、ちょっとだけ特別なちから。そのせいで最近、君のことが気になって仕方ないんだ-。 クラスメイト5人の「かくしごと」が照らし出す、お互いへのもどかしい想いを描く。『小説新潮』掲載に加筆し書籍化。

『図書室のピーナッツ』

(竹内 真 著/双葉社)  913.6-タケ

資格を持たない“なんちゃって司書”として高校の図書室で働く詩織。「サンタは実在する?」など、難問珍問の数々に挑む! 双葉社文芸Webマガジン『カラフル』連載を書籍化。ハートフルブックストーリー第2弾。

『犬の報酬』

(堂場 瞬一 著/中央公論新社)  913.6-トウ

新聞記者×総務のエース×内部告白者。自動運転技術の開発に取り組んでいた大手自動車メーカーの「事故隠し」を巡る、三つ巴の、虚々実々の攻防。新聞記者に情報を流したのは、いったい誰なのか? 経済エンタメ長篇。

『出会いなおし』

(森 絵都 著/文藝春秋)  913.6-モリ

出会い、別れ、再会し、また別れ-。人は会うたびに知らない顔を見せ、立体的になる。表題作をはじめ、   「ママ」「むすびめ」など、人生の特別な瞬間を凝縮した珠玉の6編を収録。『オール讀物』掲載を書籍化。

『愛さずにいられない~北村薫のエッセイ』

(北村 薫 著/新潮社)  914.6-キタ

愛する人たち、愛する言葉がある。それを、心から、幸せだと思う-。博覧強記な文学の話題、心にふれた言葉の妙味、懐かしい人、忘れ得ぬ場所、日常の中にある謎を愉しむ機知。読書愛が深く伝わるエッセイ集。

『小さな家のローラ』

(ローラ・インガルス・ワイルダー 著・安野 光雅 監訳/朝日出版社)  933.7-ワイ

名作ドラマ「大草原の小さな家」の原作「大きな森の小さな家」を、安野光雅の絵と訳で描きおろし。    遊び心あふれる美しい絵と親しみやすい日本語訳で、アメリカの西部開拓時代を生きた家族の、温かく力強い暮らしを忠実に描く。