岩国市図書館

新太郎10月号

最近図書館に入ったよりすぐりの本を紹介いたします。
本の所在などは、カウンターにお問い合わせ下さい。

 

各分野から

『65歳何もしない勇気』

(樋口 裕一/著 幻冬舎)   159.7-ヒク

運動しなくていい、年寄りらしくなくていい、家族と理解し合わなくていい…。「しなければならない」を“断捨離”した著者が、「しなくていい」と宣言したことについて綴る。『東京新聞』『中日新聞』連載を加筆し書籍化。

『戦国時代の表と裏』

(渡邊 大門/著 東京堂出版)  210.4-ワタ

戦国時代の表に出ないテーマを中心に解説。合戦の準備や戦いの決着のつけ方、合戦における軍配師や商人の役割など、合戦と支配について解説するほか、娯楽、宗教、食事、茶道、名前の付け方や温泉の話題なども取り上げる。

『ひとりサイズで、気ままに暮らす』

(阿部 絢子/著 大和書房)   367.7-アヘ

老後はノビノビ“おひとりさま“がいい! 73歳の生活研究家による、がんばりすぎない暮らしのヒント。ひとりサイズの暮らしのコツや、社会から孤立せず楽しんで暮らす秘訣、老い支度の仕方などを綴る。

『シェフが好きな野菜の食べ方~まるごと、シンプルに。』

(田代 和久/著 柴田書店)   596.3-タシ

野菜料理の第一人者である「ラ・ブランシュ」のシェフが、じっくりこんがり焼く、強めの塩でゆでる、冷水にとる、半生に加熱するなど、身近な野菜をこれまで以上においしく食べる秘訣を伝授する。

『世界の美しい公園』

(パイインターナショナル/編著 パイインターナショナル)   629.3-セカ

イギリスの伝統的な王立公園、カナダの雄大な国立公園、タイの神秘的な歴史公園…。クラシカルからモダンまで、世界各国の個性豊かで美しい公園87箇所を写真で紹介。歴史や見所がわかる解説付き。

『歌を作ろう!~宇宙でいちばんやさしい作詞作曲ガイドブック』

(ミマス/著 音楽之友社)   767.8-ミマ

楽譜の読み書きがとても苦手で、音楽学校に通ったことがなく、楽器を習ったこともない人が、気軽に歌を作ってみるための方法を紹介。これだけ知れば伴奏もできる和音、作詞のコツ、実例も収録する。

『必携!日本語ボランティアの基礎知識』

(中井 延美/著 大修館書店)     810.7-ナカ

外国人に日本語を教えるボランティアが知っておきたい情報をコンパクトにまとめた手引き書。教えるための心構え、どのように、どんな教材を使って教えるかを解説。最低限必要な文法事項も説明する。

療養・医療・健康・福祉など

『日本一まっとうながん検診の受け方、使い方~医者がマンガで教える』

(近藤 慎太郎/絵と文 日経BP社)   494.5-コン

肺がん、胃がん、前立腺がん、肝臓がん、大腸がん、乳がんなど、10のがんの正しい知識とがん検診の最新の医療情報をポイントやマンガを交えながらわかりやすく解説します。がん検診早見表も収録。

『自分で治す!老眼・近視』

(日比野 佐和子/著 平松 類/監修 洋泉社)   496.4-ヒヒ

老眼・近視はセルフケアで改善できる! 視力アップはもちろん、脳と肌のアンチエイジングも期待できる「眼トレ」を厳選紹介。目の仕組み等の基礎的な知識、老眼治療と最新医療、知っておきたい目の病気についても解説する。

『姿勢の本~疲れない!痛まない!不調にならない!』

(山口 正貴/著 さくら舎)    498.3-ヤマ

疲れ、腰痛、肩こり…。身体の不調や健康状態には、姿勢が大きく関係している。現役の理学療法士が、姿勢を変え、しなやかな身体を維持し、健康な人生を支えるためのストレッチや筋トレを紹介。

小説・エッセイ他

『牧水の恋』

(俵 万智/著 文藝春秋)  911.1-ワカ

旅と酒の歌人・若山牧水は、恋の歌人でもあった。若き日をささげた恋人の持つ秘密とは。高校時代に牧水の短歌に出会って心から共感した著者が、牧水の恋の絶頂から疑惑、別れまでの秀歌を味わいつくす評伝文学。

『対岸の家事』

(朱野 帰子/著 講談社)    913.6-アケ

家族のために「家事をすること」を仕事に選んだ詩穂。娘とたった二人だけで繰り返される毎日に、自分の選択が正しかったのか迷う。そんな彼女のまわりには、性別や立場が違っても、同じく現実に苦しむ人たちがいて…。

『帝都探偵大戦』

(芦辺 拓/著 東京創元社)    913.6-アシ

帝都東京。犯罪者たちとあの名探偵たちが繰り広げる死闘を、江戸、第二次世界大戦前、そして戦後と3つの時代を通して描く。「名探偵名鑑」付き。『ミステリーズ!』掲載に書き下ろしを加えて単行本化。

『ざんねんなスパイ』 

(一條 次郎/著 新潮社)    913.6-イチ

73歳にして初任務のエリートスパイ。市長を暗殺しに街にくるが、そのかれと友だちになってしまった。イエス・キリストを名乗る来訪者、年寄りの賢いロバ…。一癖も二癖もある人(動)物たちが織り成す、ナンセンス小説。

『夜の側に立つ』

(小野寺 史宜/著 新潮社)  913.6-オノ

親友は死に、僕が生き残った。夜の湖で。愛する女性の前で…。10代、20代、30代、そして40歳になろうとする、いま。4つの時間軸を行き来して描く、残酷にして誠実な青春の残滓。

『パズラクション』

(霞 流一/著 原書房)  913.6-カス

私のターゲットは別の誰かによって殺されていた、不可解な様相を残して…。真実を探るため、「秘殺」仕事人の私たちは、「操査」のための仕掛けを施すのだが…。「真相」を超える「新相」、そして「深層」へ。多層推理の逸品!

『翼竜館の宝石商人』

(高野 史緒/著 講談社)  913.6-タカ

1662年晩夏のアムステルダム。宝石商ホーヘフェーンがペストで死んだが、埋葬された翌日、その館の鉄格子がはまった部屋で彼に瓜二つの男が意識不明で発見される。画家レンブラントの息子らは、謎の解明に乗り出すが…。

『洗濯(クリーニング)屋三十次郎』

(野中 ともそ/著 光文社)  913.6-ノナ

優秀な兄に代わり中島クリーニングの店長を継ぐことになった三十次郎と、先代の時から仕えてきた荷山長門。どこかかみ合わない2人のもとに、ナコという少女がケチャップの染みと祖父の遺灰がかかったブラウスを持ってきて…。

『ドリームキャッチャー』

(福井 孝典/著 作品社)   913.6-フク

グランドサークルツアーに参加した、日本女性サクラが直面する大国アメリカの真実とは…。「戦争する国」の人と風土が織り成すミステリーロマン。

『波の上のキネマ』

(増山 実/著 集英社)   913.6-マス

小さな映画館を創業した祖父は若い頃、脱出不可能と言われた<緑の監獄>で働いていた。現代へと繫がる情熱と覚悟、驚きの運命…。歴史のうねりと個人の生が紡ぐ物語。

『地球星人』

(村田 沙耶香/著 新潮社)  913.6-ムラ

地球星人なんて、ポハピピンポボピア星人が作り上げた幻想なんじゃないかな-。なにがあってもいきのびること。恋人と誓った魔法少女は、世界=人間工場と対峙する! 『新潮』掲載を単行本化。

『たそがれてゆく子さん』

(伊藤 比呂美/著 中央公論新社)  914.6-イト

60代、親のいなくなった日本は空虚で、娘たちのいなくなった家からは若さが消えた。夫は死に、孤独にひたひたと向かっていく毎日は…。老いゆく詩人が「今」を綴る。『婦人公論』ほか掲載に加筆し単行本化。

『絵本のこと話そうか~対談集』

(松田 素子/編 長 新太ほか/著 KTC中央出版)   914.6-エホ

長新太、五味太郎、林明子、糸井重里、高橋源一郎…。絵本作家・小説家・詩人・編集者などによる、「絵本」を軸にした、ものづくり・人生・仕事の指南書。1987〜1990年に行われたリレー対談を収録。

『真夜中の太陽』

(ジョー・ネスボ/著 鈴木 恵/訳 早川書房)    949.6-ネス

大金と銃を持ち、少数民族サーミ人の住むノルウェーの北部にやってきたウルフは、教会の堂守のサーミ人母子としだいに心を通わせていく。自分もまた獲物であることにおびえながら、狩猟者としての日々を過ごすが…。