岩国市図書館

新太郎1月号

最近図書館に入ったよりすぐりの本を紹介いたします。
本の所在などは、カウンターにお問い合わせ下さい。

 

各分野から

『私が食べた本』

(村田 沙耶香/著 朝日新聞出版)   019.9-ムラ

小さなころ怖かった古典、過去の嫉妬を思い出す小説、何度も買った作家指南書、そして自身の著書について…。デビューから15年、芥川賞作家が書き続けた「本」にまつわるエッセイをまとめる。

『ヘッポコ征夷大将軍』

(長谷川 ヨシテル/著 柏書房)  281.0-ハセ

一度も都に入れなかった将軍、二度も政権を握った将軍、“引きこもり”だった将軍…。39人の天下人の残念&ほっこりエピソードを、著者が独断と偏見で査定した「将軍パラメーター」とともに紹介する。

『AIと日本の雇用』

(岩本 晃一/編著 日本経済新聞出版社)   366.2-イワ

AIをはじめとするITは、雇用、働き方にどのようなインパクトを与えるのか。日本はグローバル競争にどう打ち勝つか。研究プロジェクト「IoTによる生産性革命」の成果をまとめる。

『レトロスイーツ~愛着のある懐かしいお菓子』

(若山 曜子/著 文化学園文化出版局)    596.6-ワカ

世代を超えて、ずっと親しまれ、愛されてきた、やさしいお菓子たち-。ホットケーキ、バナナオムレット、アップルパイ、シュークリームなど、手に入りやすい材料で作る、シンプルなレトロスイーツを紹介します。

『廃道を歩く~地図で楽しむ「忘れられた道」』

(石井 あつこ/著 洋泉社)   685.2-イシ

役目を終えた旧道、自然災害で通行不能になった道、通う者がいなくなった道、開通しなかった未成道…。廃道の物語を新旧地形図の見比べや市町村誌などの資料から見つけ出し、現地探索と周辺住民への聞き取りで紐解く。

『ジャズは本棚に在り~ジャズ書と名盤』

(行方 均/著 シンコーミュージック・エンタテイメント)   764.7-ナメ

古今東西の「ジャズ書」の名著、奇書とともに、聴くべき「名盤」を紹介。読むほどに聴くほどに、生きたジャズが身につく極上の書。『JAZZ JAPAN』連載を単行本化。

『英会話<ネイティブ流>使い回しの100単語~中学単語でここまで通じる!』

(デイビッド・セイン/著 青春出版社)     834-セイ

難しい単語を何千も覚えなくても、中学レベルの100単語で日常会話とベーシックなビジネスでのやりとりは9割近く伝わる。カンタンで便利、しかもより良いニュアンスを伝えられる「最強ワード」を、例文とともに紹介。

療養・医療・健康・福祉など

『あなたの指先、変形していませんか?~指先が変形して痛い「ヘバーデン結節」の予防と治し方』

(笠原 巖/著 自由国民社)   494.7-カサ

手の第一関節が変形するヘバーデン結節は、推定患者数500万人の「隠れた国民病」。足、ひざ、腰、背骨、首に起きると見逃されて悪化や重症化しやすいヘバーデン結節の予防と治し方を解説する。

『世界最高医が教える目がよくなる32の方法』

(深作 秀春/著 ダイヤモンド社)   496-フカ

目によい食べ物は何? 白内障も緑内障も手術で治せる? 老眼を簡単に治療する方法がある? 世界最高の眼科外科医が、目をよくするための生活習慣や、これ以上悪くしないための知恵を紹介する。

『精神科医が教えるシニアのためのゆるっと感情ストレッチ』

(保坂 隆/著 祥伝社)    498.39-ホサ

現役バリバリのときには温厚だった人でも、シニア世代に差し掛かると、イライラしたり、憂鬱になったりと、自分で自分の感情が手に負えなくなることも。「シニア特有の感情」との上手なつき合い方を、精神科医がアドバイス。

小説・エッセイ他

『幸せについて』

(谷川 俊太郎/著 ナナロク社)  911.5-タニ

過去が気にならない、未来も気にならないで、「いま・ここ」に在る。これが、ぼくが考える幸せの基本形-。谷川俊太郎がいま考えている「幸せ」について、言葉で探る。

『天下普請』

(稲葉 稔/著 双葉社)    913.6-イナ

父・家康の遺した慶長天守を否定し、新たな権威の象徴造りを急ぐ二代将軍・秀忠。剛胆な侍にして一流の大工・鈴木長次は、命の焰を燃やし尽くして元和天守を築くが…。『双葉社WEB文芸マガジン カラフル』掲載を書籍化。

『ショートショート美術館~名作絵画の光と闇』

(太田 忠司・田丸 雅智/著 文藝春秋)    913.6-オオ

1つの絵画から生まれる2つの物語-。シャガール、モネなど古今東西の10の名画をテーマに、作家2人がショートショートを競作。『オール讀物』掲載を書籍化。「名作絵画ショートショートコンテスト」受賞作2作も掲載。

『トッピング~愛とウズラの卵とで〜れえピザ』 

(川上 健一/著 集英社)    913.6-カワ

会社をクビになっても、世界一うまいピザ食わせちゃる! 乳ガンを患った妻のために夫の愛が大暴走し…。岡山弁飛び交う商店街を舞台に繰り広げられる“で〜れえ”家族の物語。『山陽新聞』連載を加筆・修正し単行本化。

『雨上がり月霞む夜』

(西條 奈加/著 中央公論新社)  913.6-サイ

火事で店を失った秋成は、幼なじみの雨月が結ぶ庵に居候することに。だが雨月は、妖しを引き寄せる体質で…。「雨月物語」に大胆な現代的解釈を試みた珠玉の連作短篇集。全9篇を収録する。『小説BOC』連載を書籍化。

『青山に在り』

(篠 綾子/著 KADOKAWA)  913.6-シノ

身分違いの瓜二つのふたりの少年。義心、友情、ほのかな恋心、そして子供時代との永遠の訣別…。ひたむきな青春を幕末のダイナミックな時代背景と川越の風物に寄せて、生き生きと描いた青春時代小説。

『不意撃ち』

(辻原 登/著 河出書房新社)  913.6-ツシ

不意撃ち、それは運命の悪意か。失踪した風俗嬢の過去を追う男が辿り着いたのは、伊勢の海に浮かぶ不思議な女たちの島だった…。「渡鹿野」ほか、人生の“予測不可能”な罠を描いた全5作品を収録。『文藝』等掲載を単行本化。

『ゴー・ホーム・クイックリー』

(中路 啓太/著 文藝春秋)  913.6-ナカ

終戦直後の昭和21年初め、最高司令官総司令部(GHQ)が、憲法草案を押し付けてきた。この時、日本の未来のために抗った官僚と政治家たちの戦いを描く。『別冊文藝春秋』連載を単行本化。

『斗星、北天にあり』

(鳴神 響一/著 徳間書店)   913.6-ナル

国造りこそ、最大の防衛策なり! 安東家を統一し、東北最大の湊を造り、蝦夷を治め、信長・秀吉とも誼を通じた男の野望、葛藤、そして恋…。秋田の礎を築いた智将、安東愛季に迫る歴史巨編。

『そこにいるのに』

(似鳥 鶏/著 河出書房新社)   913.6-ニタ

撮ってはいけない写真、剝がしてはいけないシール、見てはいけないURL、探してはいけない場所…。読み進めるほど後悔する、13の恐怖と怪異の物語。本格ミステリ界の旗手が挑む、初のホラー短編集。

『皆殺しの家』

(山田 彩人/著 南雲堂)  913.6-ヤマ

警視庁の刑事・小倉亜季の亡くなった兄が匿っていたのは、親友でもあり3人を殺害し指名手配中の久能だった。亜季は久能を地下牢に匿うが、暇をもてあました久能は、亜季の知る不可解な事件の謎を要求し…。奇想ミステリー。

『いつか深い穴に落ちるまで』

(山野辺 太郎/著 河出書房新社)  913.6-ヤマ

人類は、地球を貫く穴を通れるのか? 日本-ブラジル間・直線ルート極秘開発プロジェクト。大手建設会社の子会社の広報係・鈴木一夫は、この謎めいた事業の存在理由について調査を開始するが…。『文藝』掲載を単行本化。

『森には森の風が吹く』

(森 博嗣/著 講談社)   914.6-モリ

自作小説のあとがき、書評や本に関するエッセィ、作品解説、考え方やスタンス、趣味に関するエッセィ…。2003年から15年間に、森博嗣が書いた文章をまとめる。「森博嗣のミステリィ工作室」「100人の森博嗣」の続巻。

『自転車泥棒』

(呉 明益/著 天野 健太郎/訳 文藝春秋)     923.7-コ

20年前の父の失踪とともに消えた自転車。その行方を追ううち、いつしか台湾から戦時下の東南アジアのジャングルへ-。家族の「愛と記憶」を壮大なスケールで描く長篇。台湾文学金典奬最優秀賞。