岩国市図書館

新太郎7月号

最近図書館に入ったよりすぐりの本を紹介いたします。
本の所在などは、カウンターにお問い合わせ下さい。

 

各分野から

『仏教の智慧が学べる日々のことば』

(枡野 俊明/著  河出書房新社)   180.4-マス

大丈夫、四苦八苦、自由、どっこいしょ…。暮らしに溶け込んだ意外な仏教由来の言葉たちを解説する。曹洞宗僧侶による豊かに生きる智慧も紹介。仏教の智慧が凝縮された言葉たち80語を収録する。

『世界の美しくてミステリアスな場所』

(パイインターナショナル/編著  パイインターナショナル)   290.8-セカ

 見るからに不思議だったり、不気味だったり、一見すると美しいけれど、成り立ちやエピソード、噂を聞くと恐ろしくなったり、悲しくなったりする…。世界のミステリアスないわく付きスポット66ケ所を写真で紹介する。

『できるテレワーク入門~在宅勤務の基本が身に付く本』

(法林 岳之/著 清水 理史/著 できるシリーズ編集部/著   インプレス)   336.5-テキ

新しいワーキングスタイルとして注目を集めている「テレワーク」。テレワークのメリットやリスク、通信回線などの環境、Slack、Zoom、Teamsなどを用いるチャットやビデオ会議、共同編集の方法などを解説します。   

『ちょっとフレンチなおうち仕事』

(タサン志麻/著   ワニブックス)  590.4-タサ

家は築60年、2つだけのコンロ、狭いキッチン。家庭では2児の母であり、15歳年下のフランス人の夫を持つ伝説の家政婦・志麻さんの「ちょっとフレンチな暮らし」や、料理をおいしくする調理道具、家事フローを初公開。

『あなたのペットが迷子になっても~ペット探偵が出会った人と動物の愛の物語』

(遠藤 匡王/著   緑書房)   645.6-エン

行方不明のペットを捜索するスペシャリスト「ペット探偵」の著者が、ペットと人の深い絆を感じさせる17のエピソードを紹介する。ペット探偵からのお願いや迷子のペットの探し方など、飼い主へのアドバイスも収録。  

『藤井聡太強さの本質~棋士たちが語る藤井将棋論!』

(書籍編集部/編   日本将棋連盟)  796-フシ

藤井聡太七段はなぜこんなに勝てるのか。強さの源は何なのか。棋界のトップ棋士や若手俊才たちが、藤井聡太七段の指した将棋を分析し、その本質に迫る。インタビューも収録。『将棋世界』連載を書籍化。

『日本の美しい言葉辞典』

(梅内 美華子/監修   ナツメ社)  814-ニホ

色や香り、風の感触までも呼び覚まし、日本の情景を再発見する-。花逍遙、かわたれ時、翠雨、波の綾…。日本の自然や暮らしから生まれた言葉を集め、美しいカラー写真とともに紹介。

療養・医療・健康・福祉など

『図解鎌田實医師が実践している認知症にならない29の習慣』

(鎌田 實/著   朝日出版社)  493.7-カマ

ふだんの習慣を少し変えて、一生、楽しい生活を続けましょう。72歳になる鎌田實医師が日ごろ実践している認知症予防の習慣を紹介します。コロナに負けない7つの習慣も収録。

『感染症対人類の世界史』

(池上 彰/著   増田 ユリヤ/著   ポプラ社)  493.8-イケ

天然痘、ペスト、スペイン風邪…。幾度となく繰り返されてきた感染症と人類はどう向き合い、克服してきたか。新型コロナウイルス感染拡大との戦いの中で、生きる希望を歴史に学ぶ。テレビ朝日系列の番組企画をもとに書籍化。 

『5秒ひざ裏のばして最期の3日前までトイレに行こう~町医者が教えるピンピンコロリの教科書』

(川村 明/著 主婦の友社)  498.3-カワ

最期の3日前まで自分の足で歩こう! 大事なことは「ピンピン」のための努力を自分ですること。注意したい歩き方、簡単で効果的な「ひざ裏のばし」メソッド、最期まで歩く人の暮らし20ポイントなどを紹介する。

小説・エッセイ他

『夏井いつきの日々是「肯」日』

(夏井 いつき/俳句・文    清流出版)  911.3-ナツ

俳句は、ありのままに過ごすよき日々を、さらに素晴らしい「肯」日に変えていく。TV「プレバト!!」で人気の、夏井いつきの俳句とエッセイ、写真がコラボした、オールカラーの美しい一冊。

『まだ温かい鍋を抱いておやすみ』

(彩瀬 まる/著   祥伝社)  913.6-アヤ

“初恋の彼”との思い出の品である枝豆パン。病に倒れた父の友人が、かつて作ってくれた鶏とカブのシチュー…。“あのひと口”の記憶が紡ぐ、6つの食べものがたり。祥伝社WEBマガジン『コフレ』等掲載を加筆修正。

『さよなら願いごと』

(大崎 梢/著   光文社)   913.6-オオ

琴美、祥子、沙也香の3人の少女をつないだのは、町であったという殺人事件。置き去りにされた謎を巡って、彼女たちに危険が迫る! 意外なつながり、意外な真相。鮮やかに紡がれた長編ミステリ。『ジャーロ』掲載を単行本化。

『昨日壊れはじめた世界で』

(香月 夕花/著   新潮社)   913.6-カツ

小学校時代に、世界の終わりを予言する不思議な男と出会ったことを思い出した大介。30年前の記憶をたどりながら男を探し…。「ひび割れた世界」に生きる人々のかすかな希望を描く連作短編集。『小説新潮』掲載を改題。

『結婚させる家』

(桂 望実/著   光文社)  913.6-カツ

カリスマ結婚相談員が企画したプレ夫婦生活。中高年の彼らは、深刻な過去、家族の存在、健康不安と、様々な問題を抱えているが…。人生のパートナーを求める50代男女の、滋味あふれる婚活物語。

『業平~小説伊勢物語』

(高樹 のぶ子/著   日経BP日本経済新聞出版本部)  913.6-タカ

美麗な容貌と色好みで知られる在原業平の一代記。千年前から読み継がれる歌物語の沃野に分け入り、小説に紡ぐことで日本の美の源流が立ち現れた。『日本経済新聞』連載を単行本化。

『語らいサンドイッチ』

(谷 瑞恵/著   KADOKAWA)  913.6-タニ

大阪の靱公園にある、姉妹でいとなむ手作りサンドイッチ専門店「ピクニック・バスケット」。おっとりした姉・笹子がつくる絶品サンドは、胸の内で大事にしている味に、そっと寄り添ってくれる…。心を癒やす、おいしい物語。

『ほたる茶屋~千成屋お吟』

(藤原 緋沙子/著 KADOKAWA)  913.6-フシ

日本橋で「千成屋」の看板を掲げ、御府内のよろず相談を引き受ける女将・お吟。窮地に立つ人の切なる想いに、彼女は応えることができるのか…。人情味溢れる時代小説。『小説野性時代』掲載に書き下ろしを加えて単行本化。

『またね家族』

(松居 大悟/著 講談社)  913.6-マツ

小劇団を主宰する僕のもとに、父から連絡があった。余命3カ月だという。周囲を取り巻く環境が目まぐるしく変わる中、僕は故郷の福岡と東京を行き来しながら、自分と「家族」を見つめなおしていく-。

『いのちの停車場』

(南 杏子/著   幻冬舎)  913.6-ミナ

東京の救命救急センターで働いていた62歳の医師・咲和子は、故郷の金沢に戻り訪問診療医になり、現場での様々な涙や喜びを通して在宅医療を学んでいく。一方、家庭では、自宅で死を待つだけとなった父から安楽死を望まれ…。

『流星シネマ』

(吉田 篤弘/著  角川春樹事務所)  913.6-ヨシ

都会のへりの窪んだところにあるガケ下の町。僕はその町で<流星新聞>を発行するアルフレッドの手伝いをしている。個性的で魅力的な人々が織りなす、静かであたたかな物語。優しい物語の名手による長編小説。

『なりゆきを生きる~「うゐの奥山」つづら折れ』

(玄侑 宗久/著 筑摩書房)  914.6-ケン

すべてを受け容れることで、心が自在に動き出す。守るべき自己に縛られずに「なりゆき」に身を委ねる生き方を説く。「みんな同い年」「花御供」などを収録。『東京新聞』『中日新聞』ほか連載「うゐの奥山」を書籍化。

『お父さんは認知症~父と娘の事件簿』

(田中 亜紀子/著 中央公論新社)  916-タナ

父が認知症になった! 運転をやめるまでの修羅場、気が付いたら家は血の海で父の額は骨…。バブル期にOL生活を送り、自由を謳歌してきた著者が、人が変わってしまった父との毎日をコミカルにつづった介護奮闘記。

『空のあらゆる鳥を』 

(チャーリー・ジェーン・アンダーズ/著  市田 泉/訳 東京創元社)  933.7-アン

魔法使いの少女と天才科学少年。友情を育んだ二人は、地球と人類の行く末を左右する運命にあった。未来を予知した暗殺者に狙われた二人は引き裂かれ、やがて対立するふたつの秘密組織の一員として再会する。SFファンタジイ。ネビュラ賞長編部門。 ローカス賞ファンタジー長編部門。 クロフォード賞。