岩国市図書館

新太郎9月号

最近図書館に入ったよりすぐりの本を紹介いたします。
本の所在などは、カウンターにお問い合わせ下さい。

 

各分野から

『「ねばならない」を捨てて生きる』

(矢作 直樹/著 幻冬舎)   159-ヤハ

掃除は定期的にしない、エレベーターやエスカレーターを使わない、ピンとこない仕事はしない、すぐ解決しようとしない、成熟しても老化はしない、恐怖の伝染に加担しない…。「新しい日常」の生き方を提案する。

『山地図本 夏編~九州・山口の登山ルートガイド』

(西日本新聞社)   291.9-ヤマ

詳細な地図と写真で九州、山口の夏登山のベストルート31本を紹介。暑くても登りたい風とせせらぎのコースを山域の概要、山行アドバイスなどで徹底ガイド。『季刊のぼろ』の記事を再編集。

『備えいらずの防災レシピ~「食」で実践フェーズフリー』

(飯田 和子/著 東京法令出版)   369.3-イイ

「いつも」の食事を「もしも」の食事に! 主食から主菜、汁物、スイーツまで、3stepで完成する防災レシピ35品を写真とともに紹介します。『月刊消防』連載を単行本化。動画が見られるQRコード付き。 

『漫画「獺祭」の挑戦~山奥から世界へ』

(弘兼 憲史/作画 ヒロカネプロダクション/作画 サンマーク出版)588.5-マン

 山口県の山奥から世界へと広がる日本酒「獺祭」。旭酒造の3代目社長は、どのような挑戦を重ね、失敗と挫折を繰り返しながら、世界中で愛されるブランドを生み出したのか。その軌跡を弘兼憲史が漫画で描く。

『ひとりでできる!はじめてのスマホ100の困った!解決ブック~100の困った!&わからない!にお答えします!』

(NHK出版)   694.6-ヒト

画面の文字が小さい、マナーモードに設定できない、写真の送り方がわからない…。スマホ初心者がつまずきやすい「困った!」の解決方法を、丁寧な解説・手順でわかりやすく紹介する。   

『いちばんやさしい自宅トレBOOK~運動不足でヤバい!と思った人のための』

(中野 ジェームズ修一/著 宝島社)   780.7-ナカ

運動不足をサッと解消できる筋トレ&ストレッチの入門書。トレーニング経験のない人、運動嫌いの人でも、自宅で気軽に、短時間でこなせるやさしいメニューを、連続写真で紹介する。自宅トレの効果を最大化する生活習慣も掲載。

『小学1・2年生で習うのに大人も読めない漢字』

(構 俊一/著 幻冬舎)  811.2-カマ

漢字そのものはやさしくても、音読み・訓読み共に複数の読みがある小学1・2年生で習う漢字こそ、本当の難読漢字。正しく読んでいたつもりなのに、間違えると恥ずかしい1386字を、解説つきで紹介します。

療養・医療・健康・福祉など

『死を受け入れること~生と死をめぐる対話』

(小堀 鷗一郎/著 養老 孟司/著 祥伝社)  490.1-コホ

3000体の死体を観察してきた解剖学者・養老孟司と、400人以上を看取ってきた訪問診療医・小堀鷗一郎が、「死」について語り合う。死と向き合ってきた2人が、いま、遺したい「死」の講義。

『パンデミックブルーから心と体と暮らしを守る50の方法』

(古賀 良彦/著 亜紀書房)  498.39-コカ

失敗しない睡眠ケア、気晴らしのコツ、子どもやお年寄りのストレスサインのキャッチ法、オンラインとの新しい付き合い方…。無理なくできて、コロナ対策にも仕事にもつかえる50のストレス対処法を伝える。 

『疫病2020』

(門田 隆将/著 産経新聞出版)  498.6-カト

100年に1度と言われるウイルス禍の日本、中国、世界。新型コロナウイルス発生からの事象を細かく追い、検証し、本質を抉るノンフィクション。『正論』掲載の佐藤正久との対談も再録。

小説・エッセイ他

『平安女子は、みんな必死で恋してた~イタリア人がハマった日本の古典』

(イザベラ・ディオニシオ/著 淡交社)  910.2-テイ

女性が自立できなかった平安時代、「言葉」と「教養」を武器に自分らしく生き抜いた女性たちがいた-。イタリア人の古典愛好家が、働く現代女性の視点から日本の古典文学を読みとく。『東洋経済オンライン』連載を加筆修正。

『凪に溺れる』

(青羽 悠/著 PHP研究所)  913.6-アオ

仕事も恋愛も惰性の日々を過ごしているOLの遙は、ある日、YouTubeで「バズって」いる無名のアーティストの曲を見つける。だが、彼は1年前に亡くなっていて…。ひとりの天才に翻弄された6人の人生を描いた青春小説。

『そこにはいない男たちについて』

(井上 荒野/著  角川春樹事務所)   913.6-イノ

愛する夫を喪った女と、夫が大嫌いになった女。おいしい料理教室を舞台にした、ふたりの“妻”の孤独と冒険の物語。『ランティエ』連載を加筆し書籍化。

『陽眠る』

(上田 秀人/著  角川春樹事務所)   913.6-ウエ

鳥羽・伏見の戦いに敗れ、徳川海軍軍艦「開陽丸」で江戸に逃げ帰った徳川慶喜。その姿に失望した榎本武揚は、開陽丸ごと徳川海軍を脱走し、武士たちの新天地を拓くべく蝦夷地へと向かい…。『ランティエ』連載を単行本化。

コロナ黙示録

(海堂 尊/著  宝島社)  913.6-カイ

新型コロナウイルスの襲来により、大混乱に陥った日本。雪見市救命救急センターでクラスターが発生し、速水晃一センター長らはその対応に追われる。一方、東城大学医学部付属病院でクルーズ船感染者を引き受けることになり…。

『図書館の子』

(佐々木 譲/著 光文社) 913.6-ササ

とある北の国。猛吹雪の夜、図書館に1人の少年が取り残された。そこに突然現れた謎の男は少年を救い、大切なことを伝え始めた-。時とたたかい、時に翻弄される者たちを描く全6編。『小説宝石』ほか掲載を書籍化。

『百年と一日』

(柴崎 友香/著 筑摩書房)  913.6-シハ

地下街にはたいてい噴水が数多くあり、その地下の噴水広場は待ち合わせ場所で、何十年前も、数年後も、誰かが誰かを待っていた-。人生と時間を描く新感覚物語集。『ちくま』連載に書き下ろしを加え書籍化。

『私が愛したトマト』

(高樹 のぶ子/著 潮出版社)  913.6-タカ

一つの火鉢に、有為転変の来歴を与える「旅する火鉢」。作家を思わせる語り手の女性が、人生の折々に鮮烈に現われたトマトとの関わりを追想する表題作など、全11篇を収録する。『文學界』他掲載に書き下ろしを加え書籍化。

『サキの忘れ物』

(津村 記久子/著 新潮社)  913.6-ツム

ある日、千春はアルバイト先の喫茶店で客が忘れていった一冊の本を手にする。それは千春がはじめて読み通した本となり…。たやすくない日々に宿る僥倖のような、まなざしあたたかな短篇9編を収録。『文藝』ほか掲載を書籍化。

『女だてら』

(諸田 玲子/著 KADOKAWA)  913.6-モロ

漢詩人・原古処の娘、みちは、亡き父と病身の兄から託された密命のため、若侍に姿を変え、江戸へと向かう…。実在した漢詩人・原采蘋の数奇な半生と秋月黒田家お家騒動の内幕を描く。『小説野性時代』連載を加筆修正。

『大江戸火龍改』

(夢枕 獏/著 講談社)  913.6-ユメ

桜の下で茶会を催していた大店のお内儀の身体が突然、持ち上がり、桜の花に隠れた。見上げる者たちに点々と血が降りかかり…。「万怪事相談」をなりわいとする麗しき男の事件簿。全4編を収録。『小説現代』ほか掲載を書籍化。

『悪霊じいちゃん風雲録』

(輪渡 颯介/著 早川書房)  913.6-ワタ

薬種屋の跡取り息子・伊勢次と、貧乏御家人の七男・文七郎。ともにおじいちゃんの幽霊に無理難題をおっかぶされて…。死んでいるのに元気すぎ、おじいちゃん幽霊が孫を困らせる、ユーモア悪霊時代小説。

『漂流者の生きかた』

(五木 寛之/著 姜 尚中/著 東京書籍)  914.6-イツ

見えない時代をどう生きるのか? 鬱の時代、家族の死における無力と慈悲、漂流者の覚悟…。現実の切実な問いに五木寛之と姜尚中がともに向き合い、生き方を模索した対話集。『週刊朝日』掲載に語り下ろしを加えて単行本化。

『メイドの手帖~最低賃金でトイレを掃除し「書くこと」で自らを救ったシングルマザーの物語』 

(ステファニー・ランド/著 村井 理子/訳 双葉社)  936-ラン

シングルマザーとなった著者は、富裕層の家を掃除するメイドの仕事に就く。最低賃金で働き、誰にも個人として尊重されない孤独。地べたから見た格差社会の眺めを描いた回想録。2021年、NETFLIX配信映像の原作。