岩国市図書館

新太郎7月号

最近図書館に入ったよりすぐりの本を紹介いたします。
本の所在などは、カウンターにお問い合わせ下さい。

 

各分野から

『幸せな人生のつくり方~今だからできることを』

(坂東 眞理子/著 祥伝社) 159-ハン

コロナ禍があっても私たちはどう生きれば幸せになれるのか。「まず今日だけ」「常識を捨てる」「大切な人を大事にする」「他人の成功を喜ぶ」…。「今」を大事にし、「今」を充実させるためのアドバイスを紹介する。

『戦争というもの』

(半藤 一利/著   PHP研究所)   210.7-ハン

「歴史探偵」が後世に伝え遺したかったものとは。太平洋戦争を理解する上で欠かせない「名言」の意味とその背景を平易な文体で解説し、「戦争とはどのようなものか」を浮き彫りにする。『歴史街道』連載に加筆修正し単行本化。

『老いの福袋~あっぱれ!ころばぬ先の知恵88』

  (樋口 恵子/著 中央公論新社)  367.7-ヒク

 老年よ、大志とサイフを抱け! 「調理定年」してもいい! 介護され上手になろう! 老いの時期を楽しく快適にするアイデアや、ちょっぴり怖い現実、超高齢社会の課題を乗り越える知恵などを綴った書き下ろし痛快エッセイ。 

『おとな世代の暮らし替え~今もだいじ、老後もだいじ。』

(岸本 葉子/著   金村 知美/監修   海竜社)   527-キシ

50代半ばで自宅をフルリフォーム。老いを視野に入れつつも、現在の自分がときめく住まいに-。2LDKの住まいのリフォームを、暮らす人である著者と家づくりの専門家、両方の視点で紹介する。

『マンガでわかる楽しい草取り』

(西尾 剛/著   坂木 浩子/イラスト   誠文堂新光社)   615.6-ニシ

美しい庭にしたり、花や野菜をうまく作ったりするためには、雑草が増えすぎないようにすることが必須。草取りを楽しめるように、それぞれの雑草の特徴や雑草管理について、写真や4コママンガをまじえてわかりやすく解説する。      

『岸惠子自伝~卵を割らなければ、オムレツは食べられない』

(岸 惠子/著   岩波書店) 778.2-キシ

 戦争体験、女優デビュー、国際結婚、夫イヴ・シャンピと過ごした日々、娘デルフィーヌの逞しい成長への歓びと哀しみ…。岸惠子がその馥郁たる人生を、川端康成、市川崑ら文化人・映画人たちとの交流なども織り交ぜ、綴る。

『みずみずしい叙情の日本語~七十二候で四季を生きる』

(齋藤 孝/著   河出書房新社)   814-サイ

「暦」や「歌」に散りばめられた、季節のかすかなうつろいを表す語句とは。大和ことば、失いたくない日本語などを、七十二候に当てはめながら精選。日本人が大切に受け継いできた言葉が醸す味わいや、その価値を伝える。

療養・医療・健康・福祉など

『図解眠れなくなるほど面白いストレスの話』

(ゆうき ゆう/監修   日本文芸社)   493.4-スカ

ストレスフリーな人生はつくれる! ストレスの正体やその特性、心体への影響や関わりから、ストレスをためないテクニックや軽減する工夫、上手にコントロールする方法までを、精神科医が図表を交えてわかりやすく解説する。

『入門!「全集中」の呼吸法~自宅ですぐ始められる最強エクササイズ』

(森本 貴義/著   ワニ・プラス) 498.3-モリ

「鬼滅の刃」の呼吸法には科学的根拠がある! 免疫力が上がり、腰痛肩こりを解消し、姿勢も良くなる全集中の呼吸の神髄「横隔膜を動かす呼吸法」を伝える。人生を快適にコントロールする呼吸法の使い分け方も紹介。 

『「雨ダルさん」の本~「雨の日、なんだか体調悪い」がスーッと消える』

  (佐藤 純/著 文響社) 498.4-サト

耳マッサージやタオル体操で、低気圧による不調がみるみる改善! 「雨が降ると急に体調が悪くなる人=雨ダルさん」が少しでもらくになるように、雨の前に行うセルフケアをたくさん紹介。雨ダルさん診断、雨ダル日誌付き。

小説・エッセイ他

『どこからか言葉が』

(谷川 俊太郎/著   朝日新聞出版)  911.5-タニ                                                  

無人の渚で私は待っている 無言の星々の輝かしい顕現を 昼 有り余る豊穣に自失して 夜 私は光を秘めた闇に帰依する(「渚」より) 日々の生活から浮かんで来た52篇の詩を収録。『朝日新聞』連載を単行本化。

『にぎやかな落日』

(朝倉 かすみ/著   光文社)    913.6-アサ

北海道で独り暮らしをするおもちさん、83歳。不安と苛立ちと寂しさと、懐かしさと後悔とほんのちょっとの幸せと…。ひとりの老女の内面に寄り添った、人生最晩年の物語。『小説宝石』等掲載に書き下ろしを加えて書籍化。

『百合中毒』

(井上 荒野/著   集英社)    913.6-イノ

25年ぶりに父親が戻ってきた。イタリア人の若い女と恋仲になり、家族を捨てて出ていった男が。娘たちは大人になり、妻にはすでに恋人がいるというのに…。愛を問い直す長編小説。『小説すばる』連載を加筆し単行本化。

『めぐりんと私。』

 (大崎 梢/著   東京創元社) 913.6-オオ

3千冊の本を載せて走る移動図書館「本バスめぐりん」との出会いは、屈託を抱えた利用者たちの心を解きほぐしていく。5編を収録したミステリ連作集、シリーズ第2弾。『ミステリーズ!』掲載を単行本化。

『小島』

(小山田 浩子/著   新潮社)   913.6-オヤ

当たり前の風景、繰り返される日々の営み。それがたしかに世界をかすかに震わせる-。さまざまな場所で出会う何気ない出来事をつぶさに描いた中短篇の他、広島カープと広島の人々の特別な関わりをテーマにした奇談連作も収録。

『終活の準備はお済みですか?』

(桂 望実/著   KADOKAWA)   913.6-カツ

独身・子無し・仕事一筋で生きてきたキャリアウーマン、突然のガン宣告で人生が一変した若き天才シェフ、70歳で貯金ゼロの未来予想図を突き付けられた終活相談員…。終わりに直面した人々の、それぞれの「終活」。

『星落ちて、なお』

(澤田 瞳子/著   文藝春秋)  913.6-サワ

不世出の絵師、河鍋暁斎が死に、これまで家の中で辛うじて保たれていた均衡が崩れた。一門の行末は、娘とよ(暁翠)の双肩にかかっているのだが…。激動の時代を生き抜いた女絵師の一代記。『別冊文藝春秋』連載を書籍化。

『破天荒』

(高杉 良/著   新潮社)    913.6-タカ

19歳で石油化学業界紙記者となった青年は、高度成長の只中で企業トップや官僚と互角に渡り合っていく…。裏も表も知り尽くした著者の自伝的経済小説。『小説新潮』掲載を単行本化。幻の処女作「自轉車」も特別収録。

『臨床の砦』

(夏川 草介/著   小学館)   913.6-ナツ

この戦、負けますね-。「神様のカルテ」著者によるドキュメント小説。命がけでコロナに立ち向かった小さな病院の知られざる物語を描き出す。『STORY BOX』掲載に書き下ろしを追加し単行本化。

『小説8050』

(林 真理子/著   新潮社)  913.6-ハヤ

完璧な人生を送っているように見える大澤正樹には秘密がある。彼の長男・翔太は7年間も自宅に引きこもっていた。娘が相手家族に結婚を反対されたことから正樹は息子と向き合う決意をするが…。『週刊新潮』連載を加筆・改稿。

『エレジーは流れない』

(三浦 しをん/著   双葉社)    913.6-ミウ 

のどかでさびれた温泉街に暮らす高校2年生の怜は、複雑な家庭の事情、迫りくる進路選択、自由奔放な友人たちに振り回される日々を送っている。そんななか、博物館から縄文式土器が盗まれ…。『小説推理』連載に加筆・修正。

『もうあかんわ日記』

(岸田 奈美/著   ライツ社)  914.6-キシ

父は他界、弟はダウン症、母は車いすユーザーからのコロナ禍に生死をさまよう大手術。残された長女に「もうあかんわ」なラインナップが次々とおそいかかり…。noteに綴った泣けて笑える祈りの日々を書籍化。

『牧師、閉鎖病棟に入る。』

(沼田 和也/著   実業之日本社)  916-ヌマ

これまで牧師として見舞いに行っていた病院へ、患者として入院した著者。その病棟は、分厚い扉で仕切られ-。「ありのままでいい」と語ってきた著者が、ありのままに生きられない人たちと過ごした閉鎖病棟での2ケ月を綴る。

『キャクストン私設図書館』 

(ジョン・コナリー/著  田内 志文/訳   東京創元社)    933.7-コナ

ハムレットやホームズ、ドラキュラが図書館に住んでいたら…? 実体化した物語の登場人物たちが住む不思議な図書館を描く表題作ほか、全4編を収録した本にまつわる傑作短編集。アメリカ探偵作家クラブ(MWA)エドガー賞。アンソニー賞最優秀短編賞。