岩国市図書館

ヤングアダルト新刊案内 2019年11月号

ティーンズの皆さんにおすすめの本を紹介します

『北欧に学ぶ好きな人ができたら、どうする?』 

アンネッテ・ヘアツォーク/著 晶文社 Y152-ヘア

 恋をしたら…。ヴィオラとストームの物語。気持ちを確かめるためにはどうしたらいい?自分の心や体に何が起きてるの?お互いの想いを伝え合うために、気持ちや体の事を知って、一歩前に踏み出そう。教育先進国デンマーク発、アイデアが詰まった一冊!

 

『折れない心を育てるいのちの授業』

小澤 竹俊/著 KADOKAWA Y159-オサ

 苦しみや悩みと向きあってしまった時、その心の動きに寄り添った物語。自分、そして他人の苦しみへ、どう向き合うのか、「自分はこれで良い…」と思える自己肯定感の育み方法を、多くの患者さん看取ってきた、ホスピス医の観点で伝えます。

 

『アオギリのいのち 被爆樹木二世と歩んだ学校の軌跡』

藤井 健太郎/文 秦 さやか/絵 三恵社Y319-フシ

 毎年広島へ修学旅行に行き、平和学習に取り組んでいる岐阜県の小さな学校に、広島から被爆樹木2世のアオギリの苗がやってきました。お世話をする子供たちの2年間にわたる姿や想いと、アオギリの成長を、戦争の記憶と共に描き、伝えていきます。

 

『農業高校へ行こう!』

全国農業高等学校長協会/監修 家の光協会 Y376-ノウ

 農業が、高校生パワーで盛り上がる! 地域の山地をドローンで守る。未成年が醸す日本酒。など、全国の農業高校のユニークな取り組みや、心を込めて作った加工品などをタップリと紹介。 時代はまさに農業高校!! すぐに役立つ情報も満載。

 

『スポーツと君たち 10代のためのスポーツ教養』

佐藤 善人/編著 大修館書店 Y780-スホ

 10代の君たちの、スポーツ実践を全力で応援!! スポーツには「する」こと、そして「見る」「支える」「知る」こと、さらに「責任」も伴うなど、色々なかかわり方があります。スポーツの価値を理解し、知ってもらうためのメッセージが、ぎっしりと詰まっています。

 

『十四歳日和』

水野 瑠見/著 講談社 Y913-ミス

 十四歳みんないろいろ抱えてる。
春夏秋冬…、揺れ動く心を優しく描いたオムニバス。自分探しの物語。
・ボーダレスガール ・夏色プール ・十四歳エスケープ ・星光る

 

『飛ぶための百歩』

ジュゼッペ・フェスタ/作 岩崎書店 Y973-フエ

 9月から高校生活が始まるルーチョは、5歳の時に失明した。 “目が見えない”からって差しのべられる手に、素直になれずにいた。おばさんと行った山小屋で、無口な少女キアーラと出会い、大切なことに気づきはじめていく。少年の葛藤(かっとう)と成長を描く物語。

開館日カレンダー

利用者のページログイン