岩国市図書館

ヤングアダルト新刊案内 2019年2月号

ティーンズの皆さんにおすすめの本を紹介します

『謎解き聖書物語』 

長谷川 修一/著 筑摩書房 Y193-ハセ

 ノアの方舟などの代表話5つを取り上げ、旧約聖書につづられた物語は史実なのか、それともフィクションなのか?最新の考古学的研究をもとに謎にせまりながら、流れを一望できる聖書入門の決定版。

 

『はじめての明治史』

山口 輝臣/編 筑摩書房 Y210-ヤマ

 日本近代史の中でも明治時代を考えることで何がみえてくるのか、明治とはどんな時代だったのか。「幕府はどうして倒れたのか?」から「明治はどのようにして終わったのか?」まで七つの切り口から明治史をわかりやすく読み解く一冊です。

 

『わたしは13歳、シリア難民。』

国境なき子どもたち/編著 合同出版 Y369-ワタ

 シリア紛争が始まって7年―。故郷を追われ難民になった人々が、どのような目に遭っているのか。難民キャンプで出会った子どもの暮らしぶりを紹介することで、戦争・難民・平和の大切さを知ることができます。

 

『16歳からの起業塾』

関西ニュービジネス協議会/著 どりむ社 Y375-シユ

 16歳の頃あなたが思い描いていた未来の進路はどんなものだったでしょう。本書は「そんなに足下ばかり見て進路を決めなくても、自分の人生を自分でコントロールできる起業という選択肢もあるんだよ」と伝えるための取り組みをまとめたものです。

 

『高校古文まだまだこういう話』

柴田 純子/著 ケイエスティープロダクション Y910—シハ

 キュートな漫画とわかりやすいコメントで作品を紹介。
 中高生の初学者、古文の苦手な人、古文が好きだけど難しい参考書や問題集はちょっと敷居が高いという人、大人になってから読んでみたくなった人までいろんな人におすすめです。

 

『窓をあけて、私の詩をきいて』

名木田 恵子/著 出版ワークスY913—ナキ

 主人公水鳥は大切な仲間に対して秘密を抱えている。詩を書いていること、そして同性の幼なじみに特別な感情を抱えていること・・・。相手を想えばこそ言葉にできない切なさを鮮やかに描く、永遠・普遍の恋物語。
 

『願いごとの樹』

キャサリン・アップルゲイト/作 偕成社Y933—アフ

 わたしはレッド。樹齢216年の木だ。町の人たちは年に一度わたしに願い事を結びつける。長年、人間に話しかけてはならないという掟を守ってきたわたしだが、サマールの願い事を知り行動を起こすことにしたー。

開館日カレンダー

利用者のページログイン