岩国市図書館

ヤングアダルト新刊案内 2019年3月号

ティーンズの皆さんにおすすめの本を紹介します

『脱・呪縛』 

鎌田 實/著 理論社 Y159-カマ

 人生は生まれた場所、育った環境、出会った人など、自ら選びようのないことにも影響される。人間は呪縛から逃れられない生き物か?医師・作家として、現役で命の現場を見続ける著者が中高生に向けて「呪縛から脱する力」を語ったメッセージ。

 

『ある若き死刑囚の生涯』

加賀 乙彦/著 筑摩書房 Y289-カカ

 罪を見つめ、罰を引き受けるとはどういうことか。死を乗り越えて生きることは可能か。キリスト者として、歌人として、生と死に向き合った死刑囚、1968年の横須賀線爆破事件の犯人・純多摩良樹の後半生の壮絶な生き様を描く。 

 

『10代からの社会学図鑑』

クリス・ユール/著 三省堂 Y361-ユル

 社会学の基礎を図解とイラストを用いて解説。アイディンティティの問題、社会制度、犯罪や貧困、グローバリズム、文化とメディアなど身近で広範な話題を取り上げる。LGBTや監視社会など学校ではあまり扱われないテーマの解説も充実。

 

『中学生のためのスイーツの教科書』

おかやま山陽高校製菓科/編 吉備人出版 Y596-チユ

  将来はパティシエになりたいーそんな夢を持つ子どもたちのために、高校製菓科がまとめたジュニア世代のための「教科書」。もちろん大人のケーキ作りにも役立ちます。ちょっとわかりにくいところは動画サイトでも確認できます。

 

『スポーツで働く』

谷 隆一/著 ぺりかん社 Y780-ナル

 東京五輪を控え活気を帯びるスポーツ業界。トップアスリートに関わるものから、幼児やシニアの健康を支えるものまで分野はさまざま。スポーツに打ち込んだ経験を活かしたい、体育系の進路にどんな道があるか知りたいなどの声に応えた一冊。

 

『中高生からの論文入門』

小笠原 喜康/著 講談社 Y816—オカ

 探求心、構築力、表現力を磨くには?論文論・図書館学習の第一人者がわかりやすく解説。テーマ選びから文章術まで専門家が伝授する。この一冊があれば、誰でも論文が書ける、大学入試改革も怖くない。 

 

『はじまる恋キミの音』

周桜 杏子/作 ポプラ社 Y913—スオ

 中田理未(なかたさとみ)16歳。目立つことが嫌いでひっそりと高校生活を終えたいと思っていたのに、クラスメートの羽瀬くんに誘われ思いがけず曲作りを手伝うことに。この日から理未の日常は大きく変化していく。

 

 

 

開館日カレンダー

利用者のページログイン